今日は自主休養日

外は雨が降っているし、

なんか頭も回らないし(これはいつも

今日は家でゴロゴロしていよう・・

 

と思って、去年の記録などを見ていたら

去年は9月26日にニンニクを植え付けていて、

10月14日に 「まだ半分しか芽が出てこない」と

やきもきしていました。

 

今日はもう24日です。

とりあえず、ニンニクの種球だけでも買っておこうと

ジョイフルに行ったら、税込で1㎏3820円でした。

そのあと、併設のスーパーマーケット「ジャパンミート」に行ったら

こちらでは 青森産の立派なニンニクが1㎏ 1980円で売っていました。

これが種球として使えるなら 絶対お得なのですけど、

でも、わざわざ「種子用」と表記してあるくらいなので

なんかの違いがあるんでしょうね

 

家に帰って、テーブルの上に並べ

剥いていったら、青森産のニンニクは中で6つに分かれて

「ホワイト6片」と呼ばれているはずなのに

きれいな「ホワイト6片」は少ししかなく

5個だったり

4個だったり

たくさんあったりで

どうなることかと思いましたが、

結局 ちゃんと使えそうなものが 植え穴ぴったりの115個になりました。

世の中 うまくできているものですね

 

このニンニクは 来年5倍くらいに増える予定で

トマトソースや 下のオイル煮などに加工されます。

このオイル煮は 50円の瓶代を足して600円で販売していて、

(瓶はデポジット

先日、「無農薬の国産ニンニクで この値段は絶対お買い得!」

と、お客さまが2瓶買い足していかれました。

 

*********

 

他の方のブログを見ていたら 

いまはアスターやニゲラ、キンセンカ矢車菊といった

秋まきの花の種をまく時期みたいです。

野菜で手一杯で 花を育てるゆとりはないのですけど

ニゲラって どんな花だろうと気になって

つい 種を買ってしまいました。

花の後の実が 風船のように膨れてドライフラワーにできる

と書いてあります。

187円のこの一袋で120本育てられるみたいですけど

そんなに育っても困るので、

30本くらいで挑戦してみます。

うまくいけば、来年の6月には30本の風船のドライフラワーです。

 

茎レタスと白菜の植え付け

さあ 今日はこの苗の植え付けです。

左から、「茎レタス」(別名山クラゲ)、キャベツの「さとうくん」

それと、渡辺の白菜85日型「冬の祭典」です。

20年間、白菜はタキイが主で、ときどきサカタをまいていたのですが

毎年3月には傷んできてしまうので

今年は ちょっと浮気をしてみました。

(先日植え付けた白菜は、サカタのタケノコ白菜と、タイニーシュシュです)

 

植え付けるのはここ。

そう、きゅうりが上手く育たなかった場所です

手前から 茎レタスを15穴、白菜を10穴植え付けて

さあ寒冷紗でトンネルをしようと

手持ちの寒冷紗を全部出してみたら

残っているのはみんな 以前借りていた畑で使っていたものなので

一番長いものでも 足りませんでした。

なので、短いものとの組み合わせです。

裾を土で埋めたそのむこうには

赤い彼岸花が咲いています

残念なことに道路からは ほとんど見えないので

お彼岸の今日、ほとんど独占状態でした 

で、お彼岸といえば「菊」です。

畑の食用菊 「もってのほか」も

もう蕾がいっぱいでき、花もいくつか咲き始めていました。

除草して、支柱を立てておきましたが

ものすごい量の蕾です

これって 少し間引いた方がいいのでしょうか?

 

そのとなりの ラズベリー

支柱からあふれて あっちこっちに伸びていたので

こちらも除草して きちんと誘引し直しました。

 

********

 

今日も オレンジブーケが一株 切られています。

これで 16株目の被害。

掘ってみたら、根っこにいたのは小さなコガネムシだけで、

これが茎をかじったとは思えません。

つまり、まだ 凶悪犯がどこかに野放しです

 

あちこちの畑で ブロッコリーがきれいに育っているのを見ると

なんか うらやましくなりますけど

これって、まず土壌消毒があり、

そのあとは 定期的にアブラムシやコナガやメイガ

モンシロチョウ対策などで 農薬をまいているってことです

 

農薬がなかった時代の農家は どうしていたのでしょう?

 

野口種苗で買った伝統野菜の小松菜は

なかなか丈夫だったので、

江戸時代の野菜って 

実は虫や病気に強いのかもしれませんね

 

 

 

秋バテ?

先日 テレビで秋バテの特集をしていました。

夏からの疲れがたまっているところに

急な気温の変化などで秋バテが 起こるんだそうです。

症状としては、

1.体がだるい、やる気が出ない

2.首・肩が痛くなる

3.鼻水が出る

4.おなかの調子が崩れる

など なんだそうで

なんか全部あてはまります。

 

そこで今日は「秋バテだぁ」と ゴロゴロしていたのですけど

これから 週末にかけて雨という予報です。

畑の野菜たちは 止まったまま待っている

なんて してくれないので、

雨が降らないうちに 少しでも作業を進めなくては・・

と、しぶしぶ畑に出かけました。

まずは 昨日できなかった 苗の植え付けから

・・と 思ったのですけど、

畑を一周してみたら ピーマンがあちこち倒れていたので

ナスから支柱を引っこ抜いて足し そのナスは

いっぱい切り戻しておきました

でも もう勢いがないので、今 生っているもので

たぶん今年はおしまいですね

 

で、苗の方は この場所です

白菜は 手前と奥の3株を植え直し

寒冷紗を土の中に埋めてから 奥の方を開けて

キャベツ4株と 白菜8株を植え付けです。

こちらも終わったら 裾を埋め戻しましたが

小さなコオロギも一匹入ってしまっています。

そのあと、となりのトンネルを開けて

先日 まき直したばかりの大根やかぶが

また なにかにやられていたので 再度のまき直しをしました。

今回は コストコの牛乳パックも使ってみました

(牛乳は 昨日のプリンの中に入っています)

でも、土の中に虫がいたとしたら、逆に安全なガードを

作ってあげたようなものですね

 

********

 

先日植えたじゃがいもが ようやく芽をのぞかせ

そのそばを こんなハチが タバコガの幼虫を運んでいました

ジガバチ?と思って、ネットで調べたら

なんか「ジガバチモドキ」っぽいです。

今日もタバコガで穴の開いたトマトをいっぱい埋めました。

タバコガは トマトだけでなく ピーマン系や

ナスにもいっぱい入り込んでいるので

このハチ、100匹くらいほしいです。

 

今日は初めてのお客さまが5人

今日は 5組8人のお客さまです。

それと別に プリン15個の注文があり、

作りすぎた分を 冷蔵ショーケースに入れておいたら

今日のお客さまからも 5個の注文をいただけました。

 

今日は 初めていらっしゃった方が5人で、

また少し、お客さまの輪が広がった気がします。

 

最後の組の方は 瑞穂で保護ねこ活動をされているそうで、

いま8匹も家にいる と たしか言っていたような・・

違っていたらごめんなさい。

もともと2匹飼っているところに、親子3匹のネコが現れ、

子猫2匹を保護したものの 親猫が逃げてしまったそうですが

そのあと、またお腹が大きくなっている親猫を発見し、

「捕獲箱?」で捕まえて 4匹子猫が生まれたんだそうです

 

写真を見せていただいたら 黒猫だったりキジトラだったりで

みんな目の青い美猫でした。

もうみんな行き先が決まったということでした。

 

最近水曜日は すいているので

のんびりかまえていたら、ご飯が空になり 

パンも ほとんど売り切れです

この調子が来週も続くとなると

もっと仕込みを増やした方がいいみたいです。

でも、そう思って増やして どなたも来ないと

とっても悲惨なことになるので、

どうしたものでしょうね・・

 

*******

 

畑に行って 白菜やキャベツを植え付けようと苗を持って行ったら

ここのところの強風で あちこちで支柱が斜めになっていました

ここのトマトの反対側は 通路を塞いでしまっています

その下には 虫が食べた実がたくさん転がっていて

タバコガの幼虫が歩いていました。

なので、こういうところを 元に押し返したり

落ちた実などを埋めていたら

今日一日は終わってしまいました。

植え付けは明日です。

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

今週のメニューです

今日は台風14号の余波で 昼過ぎまで雨でしたが

2組の方が来てくれました。

 

今週のメニューは、準備の時間の都合で

スウィーツを先週と同じものにし、

カレーがメインになりました

そのカレーには

右から バターナッツ、四角豆、ニガウリ、ニンジン

甘トウガラシ、カラフルピーマン、オクラ、なす、ピーマン

といった、いま畑で育っている野菜が並んでいます。

 

「このカレーならいくらでも食べられる」

と、一組目の方にはおっしゃっていただけました。

 

でも二組目の方は、大人3人、こども3人だったんですね。

 

8月から9月にかけて何回か予約の電話をくださったそうですが

そのたびに満席で断られてしまったということです。

なので、大人向けのカレーという巡り合わせになってしまった

こどもたちは パンに右のチャツネをつけて食べていました。

左側は ズッキーニのサラダで

今日はスープも ズッキーニです。

 

駐車場奥のオリーブが また色づき始めていて

下にも実が落ちていました

台風の風で落ちたのかな と思ったのですが

中には 畑のトマトと同じように

しっかり穴が開いているものもあったので

やっぱり、なにかが食べているみたいです。

 

家に帰ったあと 子持ちたかなとオータムポエムの種を

少しだけまいておきました。

子持ちたかなの種は30粒あるのですけど

30株も作ったら きっと処理に困ってしまうので

10粒だけまき、芽が上手く出なかったらまき足していきます

 

オータムポエムも、これからまく 菜の花やのらぼうと

重ならないようにして、なおかつ

小松菜と収穫時期がかぶらないようにするのは

なかなか難しいので、15株だけにしました。

 

野菜って こちらの机上の計画通りに育ってくれることは

めったになく たいていは 虫との戦いや

天気との戦いになり、

いっぺんに大量に作って うまくいかないと

メニューに困ってしまいます。

 

ということで、葉物類はいろいろなものを

少量ずつ 時期や場所をずらしながら作っていくのが

カフェレギュームの畑の基本なんですね

 

というか、いろいろ種さえまいておけば

どれかは育つという、いいかげんな方針

という方が 正しいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

今日はフラの発表会

台風14号が九州に上陸し、縦断していたころ

遠く離れた多摩地域でも その余波で強い風と雨が降りました。

外に出られないので 家の中で

玉ねぎを連結ポット4つにまいていたら(あと2つには赤玉ねぎとネオアース)

次第に小降りになって、やがて陽が射してきました。

なので、タマネギ以外の種まきは また今度することにして、

畑に行って 明日の収穫です。

これが 午後2時過ぎの状況で

奥のオクラは こんな状態になっていました。

今までの風には倒れなかったので、今年一番の風かもしれません。

まあ、低かったオクラが高くなってしまったせいもありますね。

畑のあちこちから支柱をかき集めて 簡易に補強し

他にも風の影響はないかと畑を見回ったら

ラズベリーが色づき始めていましたが これは無視

脇芽で増やしたミニトマトが 支柱からはずれていましたが

これも無視

脇芽の脇芽の 中玉トマトが斜めになったりしているのも

見なかったことにして

とにかく 明日の一品になる落花生を収穫です。

ここには もう一列畝を作る予定で、

いま、わきから30㎝くらいずつ落花生を減らしています。

 

この実を取り始めたところで いよいよ時間が無くなり

残りは車に放り込んで帰ってきました。

なんといっても今日は 国立で

友人の フラダンスの発表会があるのです

ぎりぎりですべりこんで座ったら

演技の休憩時間に お隣の方から

「レストランのマスターの方ですか?」と聞かれました。

???

まったく見ず知らずの方が なんで知っているんだろう???

と思ったら、なんと、先週初めて来てくださった方でした。

お客さまは一回で覚えてしまうというのがプロですが

「はじめてですか?」と聞いて

「3回めです」と言われたこともあるアマチュアなのです。

見ず知らずなんて思ってしまい 本当に申し訳ありません。

まあ 今のところ4回目はないので、

ぜひ、あと3回来ていただきたいです・・

 

とってもびっくりしたので 詳しいことは聞きそびれてしまいましたが

世の中 知らない所で人の繋がりってあるんですね。

 

七福神の絵本

今日は 久しぶりの名古屋での勉強会があって、

朝早くに 畑に車を停めて出かけました。

なので、昨日の苗がどうなったか確認することもなく

特に書くことがありません。

 

一応 名古屋での勉強会の報告をしておくと、

いま、江戸時代の七福神信仰について勉強していて

いろいろ 七福神関係の絵本の現物、20数冊を

みんなで回し読みしています

これは、元禄時代の大阪で狼藉を働き処刑された

雁金文七5人衆を七福神に重ね合わせたパロディーものです。

「靄隅文庫」という蔵書印があるので、

調べたら、横地石太郎という教育者のものでした。

この横地石太郎という人は 石川県の出身で

福島での尋常中学校の校長をしている時に

ストライキ中の生徒をかくまって辞職したあと、

(かくまった生徒は のちに京都大学の総長になります)

愛媛県に招かれて、教諭、教頭、校長になっていくのですが

その教頭時代に赴任してきたのが夏目漱石です

なので巷では横地石太郎が

「坊ちゃん」の赤シャツのモデルだとされているんだそうです

 

回し読みした絵本の中には

あちこち破けていて よく読まれたんだなーというものもあれば

こんなきれいなものもありました

これは「絵本福緒縮」という絵本で

左右両端にある 和本の「柱」部分に「ふくをじめ下」と書かれています。

 

絵本にはたいてい何丁目という ページ表記があるのですが

この本には

四、五、六のあと、いきなり七 十という表記になり

次のページは十一になっていました。

ページ数をかさ上げする こういう手法は

江戸時代の絵本にはよくあることだそうですが、

これって出版物の「時そば」ですね

レタス類の植え付けと、ブロッコリー系の植え直し

さあ今日はいろいろ植え付け、植え直しの日です。

まずは この場所に

ガーデンレタスや水菜、シャキシャキレタスなどを植え付けました

シャキシャキレタスは 毎年2株ずつ植え付けるのですが

大きくなった方を収穫すると もう一個が次に大きくなるという

とても便利な食材です。

4粒ずつまいてあるので 本来なら2本に間引くところなのですけど

毎年、端っこにある一株や二株をちぎって

植え付けておくと、こちらもしっかり育ってくれるんですね

なので、24穴分まいたシャキシャキレタスは

40穴分くらいに増量されてしまいました。

うまくいけば 11月はレタス食べ放題になります。

あまった奥の方には

ルッコラや ほうれん草をまいておきました

手前のルッコラもまとめて 寒冷紗トンネルしてしまったら

中でコナガが飛んでいました・・

ルッコラの収穫も大変なので

今度ルッコラだけトンネルの外に出してしまいます。

 

次は、この場所の 植え直しです。

もう2回くらい植え直しをしているのに

また あちこちで 枯れてしまっているのです

そこで、残っている苗を 植え付け場所の表と照合しながら

植えていきました。

といっても、毎回同じ場所が食害されているのに

探しても虫を見つけられないといういたちごっこが続いていて

だんだん 同じ苗の予備が少なくなっています。

 

今日も一応 土をかなり掘り出して調べましたが

8か所掘って、出てきたのは小さなコガネムシ2匹だけ。

これなんか 軸だけになっているので

単純にコガネムシの仕業とは思えません。

その「なにか」は今回も、「新しいごちそうが来たー」と

喜んでいるはずなので 秘密兵器を用意しました。

牛乳パックです

これで 虫からガードできるのではと使ってみましたが

もう少し大きい方が 苗には優しそうです。

日本の牛乳も ガロン単位にならないかなあ・・

 

でも、そうすると今度は冷蔵庫に入らないですね。

 

奥の方のオレンジブーケの予備はもうないので

ケールとカリフローレとエンデバーを植えてしまいました。

だんだんわけがわからなくなっているので

収穫の頃 担当から文句が出るかもしれません

 

ついでに 育ちすぎたオカヒジキを引っこ抜きましたが

よく考えたら 明後日は台風の影響で強風が吹くという話なので

引っこ抜くんじゃなかった―と反省です。

でも もう引っこ抜いてしまったので 元の場所で

飛ばないようにいっぱい支柱を挿しておきました。

いろいろ植え場所づくり

来週は雨という予報です。

明日の夕方までは 雨が降らないみたいなので たまっている作業を

できるだけ片付けておくことにしました。

 

といっても 今日はとっても暑い日だったので

苗の植え付けなどは 全部明日にし、

まずは いろいろ植え場所作りです。

 

最初に このズッキーニの場所を

除草してみましたが 

まだズッキーニが 3株元気なので

ここは ズッキーニが終わってからですね。

反対側のズッキーニの場所も 

奥の2株が まだ元気でした。

右側だけでもマルチを外して耕そうかと思ったのですけど

元気なズッキーニが 通路を越えて

突き当りの落花生まで伸びていて、

いま、このマルチの上が通り道になっているのです。

そこで ここも ズッキーニが終わってからということにし、

このニンジンの右側から 畝づくりを始めました。

まずは 石灰などを入れて耕し

マリーゴールドを移植しておいた ニンジンの反対側の畝も

マリーゴールドを みんな引っこ抜いて耕して

マルチして、ここに2畝を確保しました

その次は 手前に ニンニクの場所作りです

去年110個だったものを 

今年は少し畝を長くして 115個植えられるようにしました

 

今日は時折 強い風が吹いて

正面、捕虫網が置いてある向こう側の原っぱで

小さなつむじ風ができては、

いろいろなものが空を飛んで

手前の防獣網も持ち上げるなど 

いま大東島あたりにいる台風14号の 余波の余波みたいな

現象が起きました。

麦わら帽子も 何度も飛ばされるので

今日は帽子なしの作業です。

 

穴あきトマトを 今日もいっぱい取り

オクラからは ハマキガの幼虫をいっぱい退治しました

 

今日の収穫です

 

入間で栗拾い

先週 入間(いるま)の友人に聞いたら

もう栗がだいぶ落ちていて こないだ兄貴が拾ってきたのを

少し食べたけどおいしかったよー という話でした

 

そこで、今日は入間に行って栗拾いです。

 

まずは 畑に車を停めました。

手前の冬瓜を見たら 端っこに実がついていて

奥でカマキリが見張ってくれています。

来週引き抜いてしまおうと思っていたのですけど、

どうしようかな・・

 

さて 友人のお兄さんの栗林は 先頭の写真の菊芋より先、

正面に林が見えているその向こう側にあります。

 

50年以上前の枯れた古木と 新しく植えた若木の間を分け入って

どんどん奥に行くと

こんな栗の木があちこちにあるのです

その根元を

除草して、出てきた栗の中から

きれいなものを これだけ拾ったところで

もう 処理能力の限界ということで帰ることにしましたが

除草しなくても、帰る途中に いっぱい落ちていました。

なんかもったいないです・・

 

*********

 

一番最初の写真に いっぱい写っているシソに

ミスジチョウがとまっていました。

先週は よく似たミスジチョウを一瞬見かけたので

今日 ミスジチョウに会えるかなと思っていたのですけど、

あれも コミスジだった可能性が高いですね・・